keiri’s diary

Surfin'、音楽、Art、車、Snowboard、PC、ビジネスなどなど

トリップ3日目。ロンボク滞在2日目

トリップ3日目。朝5時半にホテル・ロビーでエドゥさんと待合せ。
「Slamat pagi、今日もよろしくね!」
昨夜「寝坊するかも。そのときはごめんね」とエドゥちゃんしきりに強調していたが、5時40分頃来てくれた。こっちの人は時間感覚アバウトなのかな、と思ってたが、凄くしっかりしていて、びっくり。

今日も車でまずはグルプックへ向かう。道中の村並み、景観、手付かずの自然がすばらしい。エドゥちゃんいわく「今は乾季で殺伐としているが、雨季になれば植物がぎっしり生えてくるよ」と。
     
 
田舎のほうの家は天然の材料(茅葺にたいなもの)を使った、床を底上げしたような家。地元の人の交通手段も馬車が主流。ついでバイク(2人、3人同乗なんてへっちゃら)。子供たちも自然のなかで楽しそうに遊んでる。素朴でほんとにかわいい。
こんな大自然の中で暮らす人たちにとって、僕ら旅行者はどういう風に映るのかな?また、全部ではないみたいだけど、テレビは見れる環境にあり、テレビから見れる映像とか、彼らの目にはどういう風に映っているのだろう。
そのギャップが何だか不思議。

<本日1ラウンド目>
*6:00〜8:00/at ボンバンベイ/サイズは肩、頭〜

さて、グルプックに到着し、昨日と同じくガブちゃん、船頭さん、僕の3人でボートでポイントに向かう。今日もまずは「ボンバンベイ」へ。おーっとノーバディサーフ!サイズも肩、頭〜。ただ昨日に同じく潮は引いている(Tide table参照)ためかワイドぎみ、風のサイドで面が多少乱れてるのがたまに傷。ともかく入水。人がいなかったこともあり、昨日よりは乗れたかな。ワイドに捕まってしまうのが多いけれども。8時頃までの約2時間、まずは朝食前の1ラウンド。出だしはまずまずというとこかな。
  
一旦ホテルに戻り、朝食を。「インドネシアン、アメリカン、コンチネンタル(?)の何れかを選んで」、とのことで、もちろん「インドネシアン」をオーダー。ナシゴレン、サラダ、ドリンク、Teaだったかな。

<本日2ラウンド目>
*10:00〜12:30/at カメ・ポイント/サイズは肩、頭〜

10時にエドゥちゃん待合せし、グルプックへGO!
ガブちゃん、船頭さん、僕の3人でボートでポイントへ。今度はボンバンベイから一つ内側にある「カメ」ポイントへ。ボンバンベイより優しいポイント。昨日、ボンバンベイから帰りの途中、この波を見て「ここ良いやん!」と聞くと、「ここはビギナー向けだよ。」とガブちゃんはあまり薦めない。ただ昨日よりうねりも少しアップしてきたことから、ここでも頭オーバーのサイズ入ってきてて、ここで入ることに。
波質はボンバンベイに似ていて、掘れにくく、イージー。ただR/Lともいけて、ブレイクのスピードも速すぎず、ファンウェイブ!カットバックで繋げばかなりロングライドできてサイコー!アウトからセットが入るとガブちゃんや船頭さんが「フォー!」と叫んで教えてくれたり、同じポイントに入っているローカルサーファーも「GO!GO!」と声をかけてくれて皆、温かいね!
人も5名〜多い時で十数名。海のリズムも少しわかってきてファンサーフ!そしてガドちゃんが水中から僕のライディング中の写真撮影もかなり頑張ってくれた。カブちゃんThanks!
 

お昼が満潮(Tide table参照)で割れずらくなりました。海からあがり、エドゥちゃんのカフェでランチを。イカをトマトで煮込んだようなもの&ライス。作ってるのはエドゥちゃんの奥さん。地元の味がして美味しかったよ。


昼に一旦ホテルへ戻り、休憩タイム〜。ホテル前のクタ・ビーチを少しぶらぶら。ホテルに戻ってちょっとお昼ね♪


<本日3ラウンド目>
*16:30〜18:20/at カメ・ポイント/サイズは肩、頭〜

4時にエドゥちゃん待合せし、グルプックへGO!
ガブちゃん、船頭さん、僕の3人でボートでお昼前に同じく「カメ」ポイントへ。
人も十数名、後にだんだん減ってきて最後は僕らだけ。
日暮れに向け引いてきてガンガン割れてきました。ライディングも絶好調。生きててよかった!

    


海からあがり、エドゥちゃんとホテルへ。3往復でエドゥちゃんも疲れてるっぽいので、「夕食は一人でOKだよ」と、今日はここでお別れ。
ホテルでシャワーを浴びた後、今夜は一人でホテル横のレストランへ。ナシチャンブル、ポテトサラダ、ビンタンビール。ここロンボクでは旅人を相手にしている現地人は陽気な感じ、日本語を織り交ぜお調子ものの感じ、と感じていたが、このレストランの店員、几帳面な真面目な感じが凄く印象に残った。

ホテルへ戻り、日記を書いていて眠くなり、ちょっと横に。がぁーしかし、夜中までうたたねしてまった。ふとんに入りなおし就寝。(-.-)zzzzzZZZZZ