keiri’s diary

Surfin'、音楽、Art、車、Snowboard、PC、ビジネスなどなど

いわき市立湯本第二中学校さん 入学式へのメッセージ

各地で震災後の困難な生活が続いています。避難所となった場所、例えば各学校は避難所としての場所の提供、避難者への支援は行政の災害対策本部による、という形がベースかと思います。しかしそれで避難者へ必要なものが行き渡らないことも事実。
どこも夫々必死の活動をされていると思う。だからどこそこが悪い、などと横浜に住んでいる私が言えるものでもない。
いわき市立湯本第二中学校では「心は一つ!」との校長先生の先導のもと、職員さん、避難者さん、一丸となって、自ら助け合いながら避難生活を送られています。
.
 ↓その様子はこちらをご覧ください。
 http://www.yakuji.co.jp/entry22462.html
.
いわき市湯本第二中学校さんで個人からの物資を受け入れ可としているのも、こういった背景をもとに校長先生の先導のもと、皆さんで立ち上がられたことによります。校長さん始め職員さんの活動は並大抵ではない。
そん湯本第二中学校さんにも新学期が訪れます。校舎を使い分けて避難者を残されつつ新学期を迎えられます。
4月6日に入学式が行われます。そこで、いわき市立湯本第二中学校 入学式に向けての応援メッセージを募りたいと思います。震災を受け、厳かに、慎ましげに、という気持ちもある中で、嬉しいことを喜ぶ、おめでたいことをお祝いすることは良いと思います。
家族や友人を亡くしたり、家が壊れたりと悲しい出来事が続き、その後も不自由な生活を送られている。そんな中での入学式。そんなときだからこそ、おめでとう!と素直にお祝いしたい。応援してる!とエールを送りたい、と考えました。
応援メッセージは集まった時点でこのブログを校長先生にお伝えする形をとります。
新入生へのメッセージのみならず、率先して避難者を救う活動をされている校長先生や職員さんへのエール、身一つで避難されて来た避難者さんへの応援メッセージもOKです。いわき市全体への応援メッセージでもOKです。
賛同いただける方は、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
.
<メッセージの仕方>
このブログの下のほうにある「コメント」という部分をクリックすると「名前」と「コメント」が入力できる画面が表示されます。名前はニックネームでOKです。(ツイッターidと同一でなくともかまいません。イニシャルでも。)「コメント」欄にメッセージを記入してください。
 応募期間:4月5日(火)まで

.
<後記>
多くの被災地があるなかで一部に特化した上記の行動は良いものか?受け手側にとって喜んでもらえるのか?その他の地域の方にとって、どうだろうか?私のやっていることは自己満足なことか?物凄く悩みました。が、自分一人の力には限りがある。その中で一つでも出来ることを実行しようと決めた。そういう意識で色々な人がそれぞれ活動すれば大きな力になる。そう願いたいです。
また校長先生と話をさせていただいた際に「心を一つにし、日本一の避難所にしたい!」との言葉、行動に感銘を受けたました。個人からの物資支援を唯一受け入れOKとされているのもその志とそれに基づいた熱の篭った行動力よるもの。
このような背景から、本件のメッセージ募集をすることといたしました。
.
※11/4/7 2:35keiri追記
たくさんのみなさんからのメッセージ、嬉しかったです。湯本二中さんからもお礼の言葉をいただきました!
http://onegaitiger.com/saigai/p/217#comment-983
本当に有難うございました!