keiri’s diary

Surfin'、音楽、Art、車、Snowboard、PC、ビジネスなどなど

東北地方太平洋沖地震

大変なことが起きました。
私は住まいは横浜、職場は渋谷。地震発生した3/11(金)15時前は職場の渋谷に居ました。建物がメキメキと音を立てる大きな揺れでした。職場から見渡す限りビル倒壊などの被害はありませんでした。
帰路、鉄道各線はほぼストップ、しばらく渋谷をさまよい、寒さと疲れでぐったり。渋谷は人でごった返してました。iPhone電波がトラフィック不足により、ネット・メールが極めて使えず(唯一、ツイッターはokでした)、FMを聴いて情報入手できました。デパートのロビーを開放してくれてたので寒さしのぎに一時退避。鉄道復旧を2時間ほど待つも、回復見込みなく、渋谷から3時間ほど(?)の徒歩帰宅を決行。書店で地図購入、でもメインはiPhoneマップだよりにバッテリー切れを懸念により節約しながら歩き、またポータブルプレイヤーでFM放送を聴き励みにしながら歩きました。2時間ほど歩いたところでiPhone電池切れ、それとほぼ時を同じくして鉄道が復旧、最後は鉄道にて無事帰宅しました。鉄道のありがたさ、輸送力の凄さを実感しました。iPhoneとアプリの便利さ、そして電池切れたらただの箱であることを痛感しました。またFM電波で聴くFMの強さを実感しました。

その後も余震は続いています。予断を許しません。種々報道、情報もあると思います。今無事に居れている方、散々な報道もあるなかで自分は何ができるんだ?と焦り、格闘の気持ちもあると思いますがまずは自分の身の回り、安全確保、二次被害防止を。火のもとガスの元、電気の元確認、家財倒れないよう、万が一倒れても大丈夫な状態であるような処置を。今無事な人が無事でいつづけることが、被災地への支援に集中させることに繋がります。
そして節電!!!被災地では命がかかっています。塵も積もれば山となる、小さな節電、小さな力、が大きな力に繋がると思います。