keiri’s diary

Surfin'、音楽、Art、車、Snowboard、PC、ビジネスなどなど

SONICMANIA & SUMMERSONIC 2013

今年はSONICMANIA(通称ソニマニ。8/9オールナイト)、SUMMERSONIC(通称サマソニ。8/10,11)通しての初のフル参戦。
チケットは5/上旬にフル参戦を決心して早々に手配、ばってん宿は車中泊にするか迷って遅れたけん、7/下旬に手配。会場周辺のホテルは当然空いとらんけん、手配に苦労したばい。宿探しに2時間ほどかけてゲット。海浜幕張駅から千葉方面へ約30分の「五井駅」周辺のホテル。

マイ・タイムテーブルは添付の通り。
  http://bit.ly/1ewaU4X

開始から終了時間までフルに観る計画やったとばってん、サマソニ2週間前に足首捻挫してしまい、痛む足をかばいながらの参戦となったけん、実際はだいぶ減らしたばい^^;
.
【8/9ソニマニ】
24時頃会場入り、会場の雰囲気はこんな感じ。


チケットソールドアウトってんで、混み具合を心配してたけど、観客数とのバランスも良さそうに感じたよ。
.
PET SHOP BOYS』を軽く観戦の後、本命の『THE STONE ROSES』。

一曲目、I wanna adored. ヴォーカルのみならず、ベースもキー(チューニング)が外れてるように感じ、今後の展開がとても心配になった。ばってんその後はノリでカバー。90'sマンチェスタームーブメントの筆頭格だし、自分のとっても一番好きなバンドながら、当時はライヴを目にすることなく解散。何十年待ち続けた音なのでやっぱ最高やった。ハートウォーミングなメロディ、ハーモニー。PVがセカンドフラワーヒッピー♪感じた(^ ^) ジョンスクワイヤのギター、やっぱカッコ良かった!「ここぞ」って決め場で、前後のリズムとの流れからここはダウンピッキングでしょ!?って時に、あえてアップピッキングで掻き鳴らす姿、痺れたばい。
.
 ♪セットリスト
 1.I wanna adored
 2.Elephant Stone
 3.Ten Storey Love Song
 4.Shoot You Down
 5.Waterfall
 6.She Bangs The Drums
 7.Love Spreads
 8.Fools Gold
 9.Made Of Stone
 10.Breaking Into The Heven
 11.This Is The One
 12.I Am The Resurrection

.

8/9は本命がTHE STONE ROSES の1本だったので、その後はのんびり。グリー友のオーさんと合流し、会場クローズ後も、始発が出るまでの間、音楽談義に花を咲かせました(^-^) オーさんも僕も、ここ最近はJAZZ的なのへも傾倒し始めたって話で、オーさんからのお勧めは「Pharoah Sanders」オーさんありがとう!!!
.

【8/10サマソニ

開場直後から観る計画やったっちゃけど、昨日の疲れもあって開場入りは15時頃。特に観たかった 『CHVRCHES』、『JAKE BUGG』 は見逃したばい(>_<)
.
この日は 『the HIATUS』 から。あまり知らんっちゃけど、メランコリックな良い音しとった。
.
続けて 『MEW』 。甘美な轟音とかってキャッチフレーズで、どげんかいな?って思っとったばってん、ギターのリヴァーブは程よい感じで、中域メリハリあり、メロディがしっかりしてて良いバンドやった。

その後本命、METALLICA の準備としてマリンスタジアムへ移動。LINKIN PARKを軽く観戦。。。と思いきや、スタジアムがアリーナ、スタンド席どちらも満員!かろうじてスタンド席の一つをゲットして休足しながら観戦^^

.

そしていよいよ『METALLICA』! アリーナの前側ブロックの後方に身を置いての観戦。何の仕掛けもないながら、フロントマンのジェイムズ、Drでオピニオンリーダー的存在の?ラーズ、Grのカーク、Bsのロバート、全員が「渾身の」演奏を魅せる最高のステージング。 エンターテイメントという言葉は好かんっちゃけど、彼らのステージは生身のエンターテインメイントの真髄って感じた。
決して順風満帆では無かったであろう、また、人しれずの葛藤、プレッシャーがあったであろう中で続けてきた彼ら。チームが一つになるってこういうことなんだ!って教えられた気がした。
そして、サマソニでアンコール!「もう時間が押してるから演れないよ〜」と思わせぶりにごねるジェイムズの仕草に開場は大爆笑(^ ^) そして何とアンコール三曲も! 圧巻でした! 涙が出ました。
.
♪セットリスト
1.Hit the Lights
2.Master of Puppets
3.Holier Than Thou
4.The Four Horsemen
5.Guitar doodle
6.The Day that Never Comes
7.Carpe Diem Baby
8.I Disappear
9.Sad but True
10.Bass Doodle
11.Welcome Home (Sanitarium)
12.Orion
13.One
14.For Whom the Bell Tolls
15.Blackened
16.Guitar doodle
17.Nothing Else Matters
18.Enter Sandman

                                                      • -

19.Creeping Death
20.Battery
21.Seek & Destroy

.

.

【8/11サマソニ
.
12時頃開場入り。まずは ISLAND STAGEの『CRACK BANQUET』。ファンクでブルージィ、ビートがしっかりしててドライヴ感も良かった!!!気に入ったばい!

.
そして『Predawn』狙いで会場移動途中にMARINE STAGEの寄り道し、『ZEBRAHEAD』 を軽く観戦。めっちゃ盛り上がっとった。
.
いざ、本日8/11の本命『Predawn』目指して、シーサイドビレッジ・エリアにあるGARDEN STAGEへ。

灼熱で滝汗が止らん。。。^^; 五臓六腑へビールを流し込みよったら、あれ?Predawn 時間を早めてもう演ってる?!とオモたら、本人が音合わせしとった!

音合わせの後、会場に一例して逃げるようにはけて行く姿。泣けるばい!
そして始まりました。

最高です!

.
オーディエンスからは彼女のかわいらしさを、「まるでアイドルを見るかのごとく」評する声、「カワイィ〜!」とのアホっぽい男の声援が聞かれ、ちょっとカチンときたね。たしかに可愛い。しかし、彼女自身、そういう面より音楽への評価を願っとっちゃろうね?と感じた。

彼女の音は、かつての「Sundays」にも通ずる、優しくひきつけるものがあるね。
「こんなに暑い中来てくれてありがとう。グランドコアだと思って来てくれた?人もありがとう。」とフワフワ感満載でMCをしながら、ギターチューニングをノーマル→オープンへとサッと切り替える。そしてとても綺麗なアルペジオ。凄いことを表に見せず「さりげなく」こなすPredawn
さっきの「カワイィ〜!」と雄たけびを挙げたアホ野郎にはそんな彼女の凄さ、音楽への熱意が分からず、アイドル的な目線のみで映っとっちゃないかと。これからもそういう目線で見られる場面に、多々出遭うっちゃなかろうかー、と思うけど、そんなことには負けず、頑張ってほしい!
.
  ♪Predawnの音楽に対する姿勢がわかるインタビューログ
  http://www.cinra.net/interview/2013/03/26/000000.php

.
そして8/11第二の本命、『THE SMASHING PUMPKINS
90'snoグランジ・ムーブメントの中で一番好きなバンド。
準備のためスタジアム入りが遅れたのと、ミスチルファンのこと(陣取り。世間的に「ミスチル地蔵」と呼ばれている状態)が心配やったっちゃけど、アリーナの前側ブロックの中方に身を置けてOK!(中盤でミスチルファンがドド〜ッと前方に押し寄せてきたのは頭に来たばってん、大阪の噂になる酷いミスチル地蔵は無かった。)
フロントマンのビリーコーガンの調子も良く、また演奏も締まっとった。ニコール嬢のベース唸ってて、ギターも伸びがあって尾を引くチョーキングもセンス良い! やばってん、なんだか『ビリーコーガン's THE SMASHING PUMPKINS』って感じで複雑な気持ち。よく聞く「イハとダーシーが居ないスマパンスマパンとは認めない!」とまでは言わんけど、少し複雑な想いは感じったちゃん。曲はCherub Rockも早々に演ってくれたし盛り上がったばい。一番好きな Silverfuck は演らなかったのが残念やった。MCでビリーが「おん歳46歳、支えてくれたファンに感謝」的なことを、そしてステージを去る時にはオーディエンスに手を合わせて何度もお辞儀する姿に心打たれた。
.
 ♪セットリスト
1.Tonite Reprise
2.Tonight, Tonight
3.Cherub Rock
4.Space Oddity (David Bowie cover)
5.Disarm
6.Quasar
7.Porcelina of the Vast Oceans
8.The Celestials
9.Today
10.Zero
11.Stand Inside Your Love
12.United States

.
次は、SONIC STAGEへと大移動し『THE JOHN SPENCER BLUES EXPLOSION』
デッケネだったか?イギーポップだったか思い出せないけど、70's PUNKの、知ってる曲もカヴァーで演ってた!めっちゃかっこ良かぁ!(この曲、後にTHE DEAD BOYSのWhat Love Is という曲と判明。「誰の何て曲だったかなー?」ってツイートしたら、JSBX日本公式 さん @JSBXJ が教えてくれた^^)
ジョンスペのこと、あまり知らなかったとよ。名前だけ。しかも、ジャックホワイトやジェイクバグとか、最近Blues基調の音が出てきてるねーってことで、それらとあまり区別付いてないレベルのふざけ具合であった私(^^; ジョンスペって、Punk的な所も色濃く、ソリッドで攻撃的!しかも長く活動してたバンドだったなんて(^^ゞ

.
最後は『MUSE』!僕には本日8/11の第三の本命。
マシューはギター上手い!というかよぉあげな変幻自在な音ば出しよぉばい!演奏スタイルはクールやろうか?との予想に反し熱血!ステージも映像、照明、巨大なロボットによる演出も完璧で、最高のエンターテイメント・ショーやった。ラストの Knights of Cydonia 痺れた。
.
 ♪セットリスト
1.Supremacy
2.Supermassive Black Hole
3.Panic Station
4.Map Of The Problematique
5.Interlude
6.Hysteria
7.Plug In Baby
8.Follow Me
9.Liquid State
10.Madness
11.Time Is Running Out
12.Stockholm Syndrome
13.Yes Please

                                                                  • -

14.The 2nd Law: Isolated System
15.Uprising (Extended outro)
16.Starlight
17.Survival

                                                                  • -

18.The 2nd Law: Unsustainable
19.Knights Of Cydonia

.
<あとがき>
・今回、3日フルの参戦で体力が心配でしたが、足の捻挫が無ければ問題無しと感じました。室内会場後方での休憩しながら観戦をうまく取り入れれば、朝から夜までのフル参戦でも大丈夫。(あ、今回は屋外観戦時に雨に合わなかった恩恵もありますね。雨にあえばそれだけで雑多が増え、体力にも利いてくると思います。)

・宿は海浜幕張駅から千葉方面の所にしたのも良かった。帰りの電車の混み具合が 東京方面/千葉方面でかなり違うと思います。来年宿を取る方、千葉方面がお勧めです。
・電話はソフトバンクのiPhone4を使っていますが、今回の電波環境は2012よりも悪く感じました。チケットソールドアウトで去年より人が多かったのかな? 混んでるステージではツイッター発信しても「ツイート出来ない」旨のメッセージが出てツイート投稿出来ませんでした。画像を除外したり、人が少ない所に行った際にツイートしたり、という補う方法で実施。ゆえに思うようにツイートできなかったのが残念。
facebookは動き自体は重たいのですが、こちらはじっくりゆっくり時間かけて投稿できた!(投稿後に「投稿できない」旨のメッセージが出て投稿出来ない事態になることは無かった!) 動きの軽さが一つのアピールであるツイッターだが、高トラフィックで投稿エラーになるのはとても残念。しくみの改善を期待したいですね。

・猛暑の今年のサマソニは、まさに灼熱。私は普段海でサーフィンしていて灼熱&日射に慣れていますが、それでもバテ気味でした。屋外会場を観る、移動する場合は、滝汗噴出します。Tシャツやタオルを何度か絞って汗切りしました^^; 今後サマソニ参戦をお考えの方は、猛暑&日射対策をしっかりなされることをお勧めします。
・便利サイト
  ♪セトリ(セットリスト)
  ♪タメテボ(タイムテーブル)

※今回2013では3日間のフル参戦でしたが、とても楽しく過ごせました。できたら来年もフル参戦したいです。来年はフジロックにも挑戦したいんですけどね。